【行動記録】Apple Magic Trackpad 2購入!【お買い物】

入力デバイスとしてApple Magic Trackpad 2を購入した。

憧れのMagic Trackpad!これから徐々に慣れていくぞ


▲Apple Magic Trackpad 2

自宅ではMacbook Airを外部ディスプレイに接続してデスクトップPCのように使っている。

キーボードはテンキー付きのApple Magic Keyboard(日本語JIS)で、マウスはWindows PC時代からの左手仕様トラックボールマウスをそのまま使用していた。

ちなみに職場でのマウス操作は右手だが、肩こり防止のために自宅では左手だ。

現行のトラックボールマウスは無線接続で使えて非常に便利なのだが、USB接続のレシーバーが必要で、外出時にレシーバーを忘れることが多くて困っていた。

今の所Bluetooth接続で左手仕様の無線トラックボールマウスは販売されてないし、代替手段に困っていた。

というわけで、Macbookも使っていることだし、入力デバイスとしてApple Magic Trackpad 2を購入した。


▲Magic Trackpad 2の外箱。余計な梱包材がないので、小さくまとまっている。


▲本体を取り出した下からケーブルとマニュアルがお出まし。

梱包には無駄がなく、余計な緩衝材も入っていない。

開封して本体を取り出すと、その下にはケーブルとマニュアルが入っている。

この辺も無駄がない。

Apple本社には“パッケージデザインの部屋があり、製品デザインのための区画と同じく関係者以外立入禁止のセクション”(Mac Fan 2019年8月号)なのだそうだ。

さて、気になる使い勝手だが、もちろんMacbook Airを単独で使うときと同様の操作が可能だ。

マウス操作から転向したばかりなので、まだまだ慣れない部分が多いので、これからゆっくり慣れていければなというところ。

細かい設定はMacの「環境設定」「トラックバッド」から可能。


▲使い方を動画で説明してくれるのは便利。

使い方が動画で解説されているのには驚いた。

Mac歴が浅いので、まだまだ知らないところが多いと再認識。

これからいろいろ試してみよう。

家電量販店でのポイント還元率はどのくらい?

今回はビックカメラの実店舗でビックカメラSuica VIEWカードを使って商品を購入した。

ビックカメラSuica VIEWカードは現金購入と同じポイント還元率が売りなのだが、その還元率は商品によって違う点に注意が必要だ。

Magic Trackpad 2のポイント還元率は5%。

10%を期待していたのでなんだが残念な気がしたが、これも仕方がない。

調べてみると、Amazonもヨドバシカメラも同じく5%。

どこも差がないのね。

おまけ

ポイントで長男のプラレールも購入。


▲トミカを乗せて運べるカートレイン。

まとめ

入力デバイスとしてApple Magic Trackpad 2を購入した。

これからどんどん慣れていこうと思う。

あと、パッケージはやっぱり捨てられない…。


▲パッケージは捨てられないなぁ…。

紹介した商品のチェックはこちらから

この記事を書いた人

のりさん

アラフォー世代で二児の父。
日常の様々なことを書いています。
ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
詳しいプロフィールはこちら