【行動記録】月をうまく撮る方法を調べてその通りにやってみたらなかなかいい写真が撮れた

iPhoneで夜空の写真を撮っても、なかなかきれいに月の写真を取ることができた試しがない。

手持ちのデジカメでなんとかうまく撮れないかと試してみたら案外うまく撮れた。


▲iPhone 11 Proで撮影した満月の写真。もちろん撮り方にも問題あるだろうけど、スマホだとこれが限界なのかなぁ?

今までiPhoneで月の写真を撮影してもうまく撮れた試しがない。

「お月さまはピカピカに光って見えるけど、実はデコボコしてるんだよ」と長男に伝えてみたくて、どうにかきれいに撮ってみたいと思っていた。

昔買ったデジカメが手元になるので、なんとかそれでうまく撮れないかとネットで検索してみたら、こんな記事が見つかった。

なんと月の月齢に合わせてマニュアルモードでパラメータを特定の値に設定するだけでいい感じの写真が撮れるようだ。

ものは試しと早速やってみた。

オートで撮影したものとマニュアル撮影したものと見比べてみよう。


▲とりあえずオートで撮影した月の写真。トリミングして拡大しても何が何だか分からない。


▲引用記事を参考にして、マニュアルモードで撮影した写真をトリミングしたもの。クレーターの形がはっきりわかる。

こんなに違いが出るのかというくらい、見違えた写真を撮ることができた。

もちろんこんなことはカメラに詳しい人なら初歩の初歩かもしれないが、自分で調べてみて、パラメータを少しいじるだけでこれだけの違いが出るなんて思いもよらなかった。

まだまだいろんなことで自分の知らないことがあって、ちょっとした工夫をするだけで思いも寄らない体験をすることができるんだなと実感。

そのきっかけになったのが家族の存在であることがまたとても嬉しかった。

息子よありがとう。

この記事を書いた人

のりさん

のりさん

アラフォー世代で二児の父。
日常の様々なことを書いています。
ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
詳しいプロフィールはこちら