生活音から伝わる圧倒的臨場感! OKUDAIRA BASEを視聴して暮らしの音に心を奪われた

PR

YouTubeチャンネルOKUDAIRA BESEを視聴して、生活音の臨場感に圧倒されたので、簡単に感想を書いてみる。

▲Photo by Satria Hutama on Unsplash

奥平眞司(おくだいら まさし)さんは、愛知県出身で福祉系大学を卒業後にデザインを学んだ人だ。

主宰するYouTubeチャンネル”OKUDAIRA BASE“では、料理やDIY、物選び、整理整頓、家族や友人を招いてのもてなし、一人キャンプや旅行など、自分の時間をとことん楽しむ方法を配信している(出版社による著書の紹介文より引用、一部改変)。

この記事の執筆時点でのチャンネル登録者数は15万人以上、再生回数は1400万回を超えている。

ブロガーの立花岳志さんが書いた記事を読んでその存在を知った。

映像美ももちろんだが、YouTubeを視聴して圧倒されたのは

ひとつひとつの動作に伴うリアルな生活音。

日常的な行為を映像作品に仕上げる際に、生活音をノイズとしてカットせず、しっかりと記録することで、一つ一つの動作が強い臨場感を伴って伝わってくる。

映像を見なくても、まるで物語の朗読を聞いているかのように、情景が頭の中に思い浮かんでくる。

ブログで文章を書くことでもいろんなことを表現できるけれども、映像や音声で日常生活の何気ない場面を一つの作品として表現することに魅力を感じた。

技術的な部分はさておき、「こんなことができたらいいな!やってみたいな!」と久々に心躍る体験ができて嬉しくなった。

関連商品のチェックはこちらからどうぞ

この記事を書いた人

のりさん

アラフォー世代で二児の父。
日常の様々なことを書いています。
ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
詳しいプロフィールはこちら