東海道・山陽新幹線新型車両N700Sに乗車!【鉄道乗車記録】[2021年5月3日(月・祝)]

2020年7月に営業運転を開始した東海道・山陽新幹線の新型車両N700S。

GWの中日にやっと乗車できました。

▲東海道新幹線N700S。この日は12:30東京発のぞみ33号博多行に使用されていました。

▲車体横に輝く”N700S(Supreme)”のロゴ。

▲車内の電光掲示も非常に見やすい。

車内の電光掲示は大きな文字ですごく見やすいです。

今年(2021年)の3月で終了したので、ニューステロップが流れることはありません。

その代わり、無料Wi-Fiが使えるのでニュースのチェックには困りません。

▲全席電源完備で無料の車内Wi-Fiも使えます。喫煙ルームはなくならないのねぇ。悪しき遺物です!

座席の背面テーブル裏には様々な情報が記載されています。

車内の無料Wi-Fi利用方法については以下をご参照くださいね。

令和になっても喫煙ルームはしぶとく残っています。

3号車には近づいてはいけません!

電源コンセントは座席の肘掛けにあります。

▲コンセントは座席の肘掛けにあります。

携帯の充電、PCの電源確保にも困りませんね。

まとめ

東京駅から新幹線の新型車両N700Sに乗車できました。

短い区間しか乗れませんでしたが、世間が落ち着いたら遠くまでおでかけしたいですね。

それではこのあたりで失礼します。

N700Sの運行予定の確認にはこちら↓をご参照ください。

JR時刻表↓でもN700Sの運行予定を確認できます。

0

この記事を書いた人

のりさん

アラフォー世代で二児の父。
日常の様々なことを書いています。
ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
詳しいプロフィールはこちら