【行動記録】センター北で鉄道映画を観てからリアル鉄道鑑賞で締めた1日

PR

昨日とは打って変わって日中快晴となった横浜。センター北で鉄道映画を観て、リアル鉄道鑑賞をして最初から最後まで鉄道一色で過ごした1日だった。

センター北で鉄道映画鑑賞


▲センター北の駅前で見かけた、おうちcopeのトマトくん。デカイ!

昨夜Googleアカウントのパスワードチェックアップの対応に追われながら映画のオンライン予約をした。

観るのは、鉄道好きの長男に合わせて『劇場版れっしゃだいこうしん2020 ドキドキすごろくツアー

全国のイオンシネマで1月10日より公開中。
(一部劇場では1月30日まで延長公開中)

朝からさっそくセンター北へ向かう。


▲センター北のノースポートモール。ノースポートでも住所は横浜市都筑区。

映画まで時間があったので、先にランチ。


▲二八蕎麦 久右衛門のカレー南蛮蕎麦。大盛りにしてもらったら麺がすごく絡まって食べ辛かったが美味い。

ランチ後に映画鑑賞。

子ども向け作品なので、照明を完全に落とさず、音響もうるさすぎずと配慮されている。

色々な鉄道が紹介される中、座席からは「乗ったことある」とか「あの機関車は元々北海道で走ってた」とか子どもたちの声がちらほら。

みんな鉄道大好きだね。


▲今日はイベントで「新幹線ふわふわ&ダンボールめいろ」をやっていた。

鑑賞後は長男は新幹線ふわふわ(エアマットの空間で飛んだり跳ねたりできるスペース)。

制限時間が5分間なのが助かる。


▲制限時間5分間で目一杯楽しもう。

ノースポートモール3Fのキッズリパブリックにはおもちゃをはじめ、乳幼児向け商品が充実している。

おむつ替え、授乳スペースも広め。


▲おむつ替えコーナー、授乳スペースの入り口。


▲おむつ替えスペース。授乳スペースはもちろん男性立ち入りNG。


▲手洗い場、哺乳瓶洗浄スペースなども。


▲キッズリパブリックアプリを使えば、自宅から小児科医に相談することもできるそうだ。

映画の後はリアル鉄道鑑賞 これをやらなきゃ休日は終わらない


▲東横線を走る東武50070系。

映画の後はリアル鑑賞ということで、今日も休日の締めくくりに近所の河川敷へ。

残念ながら渋谷ヒカリエ号は観られなかったが、東武50070系と西武の6000系のお姿を拝見することはできた。

まとめ

鉄道映画にリアル鉄道鑑賞と、やっぱり鉄道に明け暮れた1日。

成長と共に長男の好みは変わっていくだろうけど、今は、今好きなものを全力で楽しみたい。

この記事を書いた人

のりさん

のりさん

アラフォー世代で二児の父。
日常の様々なことを書いています。
ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
詳しいプロフィールはこちら