日々雑感:【瞑想】人間の注意システムについて

昨日からRAS、脳幹網様体賦活系の外界情報選別機能について調べている。日本語で読める記事が見つかったので共有しておく。


まず、脳幹網様体賦活系そのものについて解説されているのが上記のサイト。

 

1949年に、人間の覚醒状態、つまり起きている状態を維持している脳内の神経機構について、神経科学者のMoruzziとMagounが提唱した概念が上行性網様体賦活系(ascending reticular activating system; ARAS)なのだそうだ。

なお、「網様体賦活系」に含まれない脳幹網様体ニューロンの投射パターンは部位によって異なるが、上行性に限らず下行性、局所性のものなど複雑で、機能的にも多様である。モノアミン作動性ニューロンの一部は下行性に脊髄まで投射しており、運動系の促通、感覚のゲーティング、自律神経系の調節など、覚醒制御以外の多様な機能に関与している。

つまり、外界から入ってくる情報を選別する役割については、脳幹網様体賦活系というよりも、いくらか違った神経機構が担っていると考えた方が良さそうだ。



情報の選別を担うのは、この視床ゲート機構と呼ばれるものらしい。

視覚情報、聴覚情報など様々な刺激を使った実験で、「注意」が向けられた情報を取り入れ、それ以外の情報を抑制することが明らかになっている。

この人間の「注意」システムについて解説のしたのが、次に引用する記事だ。

視床ゲート機構を解説する記事と同様に、視床網様核の役割について論じている。

 

研究チームは、視床網様核には感覚情報を遮断する抑制型ニューロンがあり、これが前頭前皮質からの命令で興奮することで、視床に入力された感覚情報のうち不必要なものを除去していたと指摘しています。(中略) つまり、人の脳は「見えているもの・聞こえたものから注意すべき情報だけを強化する」のではなく、「見えているもの・聞こえたものから注意しなくていい不要な情報を捨てる」というメカニズムで注意を実現しているというわけです。

ここでいう脳の前頭前皮質前頭前野とも呼ばれ、認知機能を果たす部分であり、この働きによって、視床に入力された情報を選別している。しかも、必要な情報を取り入れているというよりも余計な情報を削ぎ落としていると言った方が正しいようだ。

 
これらのことから、瞑想における「現実よりも自分が目指すゴールに臨場感を感じることができれば、RAS, 脳幹網様体賦活系の働きにより、ゴール達成に見合った情報が自然と目に入るようになり、ホメオスタシスの働きによって自動的にゴールに連れて行ってもらえる」
という主張のうち、RASの働きについては幾分明らかになった。
 
「認知機能を担う前頭前野をしっかりと働かせるために、自分の目指すゴールについての正しい情報や知識を蓄積していけば、前頭前野視床網様核の働きを制御して、余計な感覚情報をシャットアウトすることができる。」
 
というところまでは言えそうだ。
 
もちろん引用した記事で紹介されている神経科学的な知見は極めて限定的な実験環境でのみ再現できるものであるから、簡単に実生活に使えると考えるのは科学的に正しい態度ではない。
 
ただ科学的に正しいことに拘ると、研究が進んでより詳細な部分が明らかになるまで、考えることをやめてずっと待たなければならない。
 
それよりも、ある程度のところで見切りをつけて、「どうやら今のところはこう考えるのが大体あってそうだ」ぐらいに考えた方が良さそうだ。

人間の「注意」メカニズムについては様々な研究が進んでいるようなので、1冊くらいは成書を読んでみよう。

次回以降は「ホメオスタシス」の働きについて調べてみよう。

この記事を書いた人

のりさん

のりさん

アラフォー世代で二児の父。
日常の様々なことを書いています。
ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
詳しいプロフィールはこちら