財政再建:スマホ料金の内訳

  • ブックマーク

最終更新日:2019年08月31日(土)
スマホ料金を抑えるために料金プランを見直したい。

そのために料金の内訳を確認しておこう。


今の料金プランはauフラット20で、通話はスーパーカケホ。

月に20GBまでのデータ通信が可能で、通話は5分以内ならかけ放題のプランだ。
2年契約と家族割が適用されていて、5分を超える通話がなければ、月々税抜き6,500円だ。

iphone Xには留守電機能がないので電話きほんパックにも加入している。これが月々税抜き300円。

AppleCareの月払いが税込1,285円。

これに消費税を加えた金額が毎月の利用料だ。

auでは新しい料金プランが発表され、容量制限のないプランも値段が下がっているようだ。

auが容量制限のない「使い放題プラン」を早くも値下げ。2年縛りなし、解除料1000円で辞めやすく(石川温) – 個人 – Yahoo!ニュース

データ通信に関しては通勤中に動画視聴をすることもあり、今月は8GBを超えてしまった。

20GBには達していないので全く問題ないが、ここを安く抑えるために低容量のプランに変更してしまうと使いすぎてしまった時の通信速度制限が厄介だ。

月々の通信量に最適なのはauフラット7プラスだが、家族割プラスの適用がないと、あまりお得感もない。

ここは固定費用AppleCareをなんとかするのが賢明だ。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

のりさん

のりさん

アラフォー世代で二児の父。
日常の様々なことを書いています。
ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
詳しいプロフィールはこちら