自己管理の方法について考える

PR

仕事と子育てで個人的に使える時間が限られる中、やりたいことをやるための自己管理方法について考えたい。


1日のうちで純粋に自分のために使える時間は長くても2時間だ。

この時間を使った活動の効用を最大化したい。
そのためにはタスク管理が不可欠だ。
やるべきこと、やりたいこと、時間的に切迫しているかどうかを考えて管理していきたい。
まずはやりたいことを考える。
読書、まずは何よりも優先したい。
どうしてもスマホやブラウザでのSNS閲覧に時間が取られて、読書の時間を取れていない。
習慣化していくには毎日のハードルをとことん低く設定して最低限のできることをやっていくのがいいだろう。
まずは、その本になぜ興味を持ち、どんなことを知りたいと思ったのかを明確にすることだ。
興味を持った理由は「面白そうだったから」とか、「尊敬する誰々がおススメしていたから」とかでも何でもいい。
知りたい内容についても簡単でいいからどこかにメモって言語化しておく。
その方がどれだけ深く読み込むかどうかの判断がしやすい。
途中で読むのをやめるかどうかの判断にも使えるからだ。

この記事を書いた人

のりさん

のりさん

アラフォー世代で二児の父。
日常の様々なことを書いています。
ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
詳しいプロフィールはこちら