眠くても複数部署で活躍

PR

昨日に引き続き、眠気の取れない一日だったが、何とか乗り切ることができた。他部署での欠員を補うため、午前と午後、別々の部署で働いた。

2017年08月15日(火)(最終更新日:2017年08月15日(火))

どこの部署でも「思いやり」を忘れない。「おもてなし」精神で業務に励む。

  • ホスピタリティを充実させよう
    • やはり一日眠かった。
      今日は午前中は異動前の部署。午後は現部署に戻って別々の業務を担当した。
      前部署では、進行中の業務と並行して過去の測定結果の印刷用データを作成した。
      とある作業では、クライアントの姿勢保持に工夫を施した。
      おかげで業務に大きな支障をきたすことなく一連の作業を終えることができた。
      現部署では、クライアントの負担が少なくなるように努めた。

      疲労があっても、クライアントの負担を減らす努力を怠らないところが、
      自分のホスピタリティの高さを物語っている。

     

    一日の終わりの言葉

    今夜も一日の終わりに自分自身にこの言葉を送りたい。

    「今日も一日よく生きた。」

    明日も一日しっかり生きていこう。

     

     

    PR

    ホスピタリティ検定公式テキスト&問題集〈2017年度版〉

    ホスピタリティ機構 経済法令研究会 2017-07-01
    売り上げランキング : 325941

    by ヨメレバ


    この記事を書いた人

    のりさん

    のりさん

    アラフォー世代で二児の父。
    日常の様々なことを書いています。
    ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
    詳しいプロフィールはこちら