友達なんか必要ない!?

PR

という風に考えるのも一部ではありだと思う。

2016年10月5日(木)

今日の出来事

  • 人身事故の影響で別ルートで帰宅


  • 目黒線東横線は田園調布から日吉まで並走するんだけど、ほぼ同時刻に発着する場合でも、乗り換えができないことがある。
    そのせいで最寄駅への到着が5~10分程度違ってくる。
    なんか目の前で置いて行かれるとすごく悔しいんだよなぁ。

ネットの気になる記事

  • 「友達なんかいらない!?」-弱さと向き合う嫌われ者世界チャンピオン


  • 自分のことを信用しない格闘家・青木真也さんは試合直前まで自分の弱さと向き合うそうだ。

    青木 直前でなるんだよ。それも、ぐわーって集中しているときに、「やっぱ駄目だ…」みたいに。

    だったら直前まで、自分の弱さと向き合えばいいんだと。向き合ってせめぎ合っていけばいいんだって思うようにしていて。

    本当怖いんだよ。「うわ、やっぱ無理だ」みたいになるからさ。

    そんな青木さんの父の教えは「友達なんて作るな!」

    青木 言われたのは、「おまえ友達、友達って言うけど、おまえが困ったときに助けてくれるやつなんかいねえぞ」って言われたんだから。

    これを読んで、小学生の時に父親から同じようなことを言われたことを思い出した。

    そのときは「子ども相手になんてことを言うんだ!」と怒り傷ついたものだけど、今では諸手を挙げて賛成できなくても認めざるを得ないというか、そんな考えに近づいてきている。

    それは「友達」という関係性の他人をどう見るかということより、自分自身に向けられていることなんだと思う。
    自分自身のものの考え方がしっかりしていないと、身近な周りの人の行動や言動に振り回されることもあるし、依存したりされたりという、すっきりしない関係に陥ってしまうんだろう。

    他人に期待しすぎたり頼り過ぎたりすると、上手くいかないことがあったときに「裏切られた」という変な失望感を抱いてしまうことになると思う。

    息子が成長したら、「友達なんか作るな」とは言いたくないので、「自分をしっかり持て」と伝えられればいいのかなと思う。

PR

空気を読んではいけない

青木 真也 幻冬舎 2016-09-08
売り上げランキング : 312

by ヨメレバ

この記事を書いた人

のりさん

のりさん

アラフォー世代で二児の父。
日常の様々なことを書いています。
ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
詳しいプロフィールはこちら