大学病院を受診

PR

今日は仕事を休ませてもらって、

息子の皮膚のことで都内の大学病院を受診。

2016年10月6日(木)

今日の出来事

  • 都内の大学病院を受診


  • 実際、心配していたのは妻の方で、ネットで情報を検索しては難病の兆候なんじゃないかと頭を抱えていたほどだ。

    都内に出向くのにタクシーやら新幹線やらを利用したので交通費が結構かかったけど、これで妻に安心してもらえるなら、そこまで痛い出費でもない。

    午前早めの時間の予約で通勤時間帯と重なるため、できるだけ在来線を利用したくなかったこともあるし。
    診察中、先生の後ろで研修医と思しき人が熱心に手書きでカルテを書いていたのが印象的だった。

  • 切腹最中を購入!!!
  • 最中を食べるというより、餡だけ食べているような感じ。
    皮なんて飾りのようなものだった。

    お詫びのしるしで受け取った相手を、謝罪の気持ちでお腹いっぱいにしてやろうという魂胆だろうか。

  • 使った医療費の払い戻し手続き完了
  • かかりつけのクリニックで経過観察してもらうから、少なくとも今月は県外受診することは考えにくいので、払い戻し手続きを行った。

    手続きに必要な書類等は以下を参照のこと。

    職員の方が、申請書類に必要事項をこちらが記入したものを原本として渡してくれた。
    もし今後も申請が必要になった場合は、そのコピーを使えばいいそうだ。

    非常にありがたいサービス。
    毎回同じことを書かなきゃいけないのは面倒だからね。

PR

WHAT’S NEW in皮膚科学 2016ー2017―Dermatology Year Book

宮地 良樹 メディカルレビュー社 2016-03
売り上げランキング : 53620

by ヨメレバ


この記事を書いた人

のりさん

のりさん

アラフォー世代で二児の父。
日常の様々なことを書いています。
ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
詳しいプロフィールはこちら