Parallels Desktop のCoherenceモードでMacでのWindowsアプリ操作が楽になった【ブログ運営】【タスク管理】

過去に購入したWindowsアプリをMacBook Airで使うため、Parallels Desktop for Mac を入れてWindows 10を動かしている。

office系のアプリも操作に慣れ親しんだWindows版を使っているのだが、デスクトップの切り替え作業が面倒で困っていた。

Windowsの表示方法を変えるだけで解決したので、紹介したい。

表示モードの変更で面倒だったデスクトップの切り替え作業がなくなった!

使っているのはOffice 365 solo(※初稿執筆当時※ 現在はMicrosoft 365 Personalへ改称)なので、MacでもWindowsでも使える。

Mac単独で全て使いこなせれば問題ないが、Excelに関してはWindows版の方が操作しやすい。

Windows PCを使っていた時、altキー(Macのキーボードでは”option”キー)を使った操作に慣れていたためだ。

そのため、ExcelはParallels Desktop でWindows 10を立ち上げてから使うようにしている。

再起動なしで利用可能! 今すぐParallels Desk 15 for Macトライアル版をダウンロード

Macでもoffice系アプリはWindows版を使用

▲Pallalels Desktop for Macを使ってWindows上でExcelを開いたところ。Macでは使えないAltキー(Macのキーボードでは”option”キー)と組み合わせた操作が可能。

ただデフォルトの設定で使っていると、デスクトップの切り替え作業が割と面倒くさい。

Mac OSアプリはMacのデスクトップで、WindowsアプリはWindowsのデスクトップで表示されるので、2つのPCを交互に使用しているような感覚になってしまう。

両OSのアプリ間でデータのコピペもできるかどうか不安になってしまうし…。

なんとかならないかと悩んでいたところ、表示モードを変更できることに気づいた。

Windows 10をCoherenceモードで表示させるようにしたわけだ。

▲Parallels Desktop上で動作するWindows 10の表示をCoherenceモードに切り替える。

こうすればWindowsアプリをMacのアプリのように表示して動作させることができる。

デスクトップの切り替え作業がなくなってすごく便利になった。

14日間無料体験! 今すぐParallels Desk 15 for Macトライアル版をダウンロード

Coherenceモードで2つのOSで動作するアプリを1つのデスクトップに表示

▲Paralles DesktopでWindows 10をCoherenceモード表示させているので、WindowsアプリとMac OS アプリを1つのデスクトップに表示させることができる。

Mac上でWindowsをCoherenceモードで表示させたのが上の画像。

画像の左半分がMac OS上のGoogle Chromeで右半分がWindows 10上のExcelだ。

画面下端にはWindows 10のタスクバー、右端にMacのDockを配置している。

最近になってようやくこの使い方に気がついて、Excelファイルが今まで通りに操作できるようになった。

そのためExcelでのタスク管理を復活させることができた。

簡単で高速!豊富なユーティリティも! 今すぐParallels Desk 15 for Macトライアル版をダウンロード

まとめ

Mac上でWindowsアプリを動作させる際の表示方法を変更することで、Excelの操作を今まで通りにできるようになった。

入力や操作に手間取ると、その作業自体が億劫になってしまって、手をつける事自体から遠のいてしまう。

時間を有効活用するためにも、昔うまく行っていた方法をどんどん復活させていきたい。

紹介した商品のチェックはこちら

MacでWindowsを使えるソフトウェア【Parallels】

今ならクーポンコードの入力で10%OFFも!5月31日まで!

クーポンコードはこちら!※5月31日まで※

1SW-BMS-AA8

この記事を書いた人

のりさん

のりさん

アラフォー世代で二児の父。
日常の様々なことを書いています。
ブログでの情報発信を通じてたくさんの人達と繋がりたい。
詳しいプロフィールはこちら